釣行記

【釣行記】霞ヶ浦(土浦エリア) 2019年2月2日

2/2(土)に今年2回目の霞ヶ浦に行って参りました。

日照時間は少し長くはなっているものの、最低水温付近で安定…。

ですが、週末暖かくなる予報が出ており、夕方ワンチャンあるかな!?とワクワクしながら一週間を過ごしておりました♪

が、本当に暖かくなるのは日曜日(釣行翌日)らしく、土曜日は普通な感じ。

とりあえず、今回も一匹を目標にいざ出発!!

ちなみに今回は地元で朝に用事を済ませて到着は正午ちょい前くらい。

ポイント移動は得策ではないと判断し、家から一番近い土浦エリアにポイントを絞りました!

土浦旧港

ネットやSNS上ではあまり釣果情報がなく、人がとにかく多いので敬遠気味のエリアですが、地元の方と話しをしてみると、この時期でもコンスタントに釣れているらしい!

さすがはバスのストック数が霞水系の中で一番多い説もあるエリア…

釣れたリグや場所を教えてもらえたのですが、数回行ったことがあるレベルの私には苦笑いするしかないレベルの綿密さ(笑)

地形変化をかなり把握していないとできない芸当です!!

浮草エリア

土浦旧港 浮草エリア

陽射しが強いので浮草下のシェードに季節外れのバックスライド

着底後もゆっくりズル引きしたり、ちょっとパンピングしてみたり時間をかけてゆっくり探るも無反応。

ちなみに使用したワームはハリーシュリンプの3インチで、今回は無反応でしたが、ハイシーズンならいける気がする!

土浦ビオパーク前

風が強くなってきたので、風裏となるこの場所でスティーズシャッドMRのフローティングタイプを護岸のエグれに避難しているバスをターゲットに超スロー巻きするも反応なし。

同バスをターゲットにバークレイのDEXメタルバイブレーションでリアクション狙うも不発…。

やはりそう甘くはありませんね…。

プレジャーボート泊地内

噂は聞いていましたが本当に釣り禁止になっていました…。

船止めのロープにルアーが引っ掛かって危ないというのが釣り禁の理由らしいですが、実際はいろんなトラブルがあったのかと…

私の地元でも20年くらい前はほとんどの野池でバス釣りができていましたが、現在は近隣住人とのトラブルでほぼ釣り禁状態です。

これ以上釣り禁止を増やさないためにも最低限のマナーは守ってやっていきましょう!!

遊覧船乗り場

土浦旧港 遊覧船乗り場

停船場を越えると、再び釣り可能なエリアへ!

しかし、足場が高いので、ランディングネットがないと無理!

以前から買おうとは思ってるんですが、中々手が出ません…。

土浦新川

土浦新川 河口付近

冬場は霞水系屈指の人口密度を誇るド定番スポット!

あまりにも人の多いのでスルーしていましたが、ちょっとやってみることに!

温排水に群がる魚達

土浦新川 河口付近

一応、知らない方のために…。

写真左手の(見づらいですが)水門から温排水が流れ出ており、その水門前には100匹を軽く越えるのボラ等の魚群が見えます(笑)

その群れに、ナマズが突っ込んでいき補食しまくる光景を何度も目の当たりに!

どこに行っても生命感がほぼ無なのに、ここだけ別世界なので衝撃を受けました…。

魚影は超特濃、プレッシャーも超絶ハイな中での釣行です!

ビッグミノー

これだけのベイトフィッシュが悠々としているので、ライトリグよりも存在感の強いサスペンドミノーで攻めてみることに…。

チョイスしたのは先日福袋でゲットしたルドラ130sp

魚群の中に放り込みジャークして魚を散らす→バスの補食スイッチを入れ、食べやすそうにサスペンドしているルアーに気づかせる作戦。

結果は1バイト!
サスペンド中にガコッ!と強めの当たりがありましたが乗らず…

魚種は不明ですが、ナマズの気がします(笑)

メタルバイブで護岸のエグレを

ビッグミノー→サスペンドシャッド→ダウンショットと食わせに向かいましたがノーバイト。

まだ陽射しも強いので護岸のシェードに隠れているバスをターゲットにメタルバイブのリフト&フォールを試すも反応なし。

夕まずめにフィーディングバス狙い

日も傾いてきたので、再びビッグミノーやシャッドのサスペンドを中心に誘うもノーバイト。

ちょっと作戦変更で表層を狙ってみることに…。

使用したルアーはガストネード70とドライブスティック3.5spec2の表層スイミング。

このドライブスティックに反応がありましたが乗せることはできず、日が落ちてので試合終了です…。

まとめ

土浦新川にこんだけ人気が集中するのがよくわかりました~!

あと、地元の方と話をしてみて、ちょっと意識改革!

数年後におそらく息子とバス釣りに行く機会があると思われます。

んで、選択するエリアの候補地は土浦旧港が本命かな~と!

そのときに備えて今回のロコアングラー?のように地形を完全把握&沈殿物サーチをこまめにすれば、手堅く釣果をあげることが、できるのでは!?と思いました。

というわけで、今年はこのエリアに通いこんでみようかなと思いました!!

ABOUT ME
ミコ
栃木県在住の二児のパパです。 2017年からバス釣りを約20年ぶりに復活し、ドはまり中! 子供がまだ幼く、釣りに行く時間は制限されていますが、「月に1回霞水系に行く!」を毎月の目標にしてます。 当然、釣りの腕前はまだまだです(笑) 残念ながらロコアングラーのような、垂涎物のシークレット情報は持ってませんが、逆に隠すこともありません! というわけで、できるだけ詳しく包み隠さず情報発信していきます!!